王宮

王宮

ヨーロッパ最大そして現在でもいろいろの行事に頻繁に使われている王宮へようこそいらっしゃいました。

ヨーロッパ最大の広さを誇っていまして年中一般公開

されていると同時にスウェーデン王室の公務の大半が

この王宮で行われています。

王宮は、王そして女帝の職場でもありますし、宮廷オフィスもここで

執務されています。このように王の公邸でもあり職場でもあり、更に

文化史の記念碑であり、尚且つ、年中観光客にオープンされていると

いうことは、ヨーロッパの王宮でもユニークな存在にある王宮です。

王宮は、建築家二代目ニコデムス・テシーンにより設計され

バロック様式でローマ帝国時代の宮殿を考えて建築されました。

スウェーデン王室のレガリアが収蔵されている宝物庫そして城の中世の歴史を扱っているトレークローノル(3つの王冠) 博物館、グスタフ3世external linkのアンティーク博物館、宮殿教会など見学することができます。

王宮ショップ(スロッツボーデン)も衛兵交代も観光客の間で好評いただいております。

王室の菩提寺であるリッダルホルメン教会も一緒に見学できる

コンビネーション・チケットもあります

写真: ラファエル・ステクセーン

Visit us

A guided tour will ensure that your visit to the palace is particularly memorable. Our knowledgeable guides bring objects to life, puttin...

Read more

The palace's grand state rooms, the mediaeval gate at the Tre Kronor Museum and the crowns in the Treasury are just a few of the exciting...

Read more

Discover more at 王宮

華麗な広間は、国王および女帝が儀典および晩餐会 などに使われる広間です。広間は、ご自分で自由に見学なさってもいいですが毎日ガ イドが案内する ツアーもありますので参加されることもできます。

Read more

18世紀、王宮が完成した当時、ヨーロッパ中から関心を集めましたが、今日でもバロック様式の典型的な宮殿のひとつとして注目されています。最初の王宮、トレクローノル城は、1697年5月、国儀の間の上の屋根裏部屋から出火して大半が焼失しました。出火原因が分からず城は火に飲み込まれて...

Read more

Customer service

Opening hours: Closed